エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

シュタゲの聖地は?神社・メイドカフェ・牛丼・公園・ラボの場所も!

   


Sponsored Link

『シュタゲこと『シュタインズ・ゲート』は
2011年4月から9月までアニメが放送された
2010年の秋葉原を舞台としている作品です。

重度の厨二病を患った主人公『岡部倫太郎』を中心に、
過酷な運命が待っている未来を変えるため
彼と彼の立ち上げた
『未来ガジェット研究所』の仲間たちが
立ち向かう内容のアニメですね!

今回は、そんなシュタゲの聖地について
ご説明させていただきます!

シュタゲの聖地は?

シュタゲの聖地は?神社・メイドカフェ・牛丼・公園・ラボの場所も!2

シュタゲは秋葉原を舞台にしているので、
当然、秋葉原がシュタゲの聖地になります。

ただ、秋葉原といっても広いので、
その中でもシュタゲのストーリーに
実際に出てきた場所を
ピックアップしてご紹介したい
と思います。


Sponsored Link

ラボ『未来ガジェット研究所』はどこ?

シュタゲの物語の中心となる場所、
それが『未来ガジェット研究所』ですが、

『未来ガジェット研究所』は原作では
大檜山ビルというビルの2階
設立されています。

この大檜山ビルのモチーフになったのが、

【東京都千代田区外神田3-6-11】

にある、小桧山ビルというビルです。

外観などもかなり原作とは違いますが
モデルになったのは、ここで間違いありません!

まゆりとフェイリスのバイト先、メイド喫茶『メイクイーン+ニャン2』

シュタゲの聖地は?神社・メイドカフェ・牛丼・公園・ラボの場所も!3

ラボのメンバーである『椎名まゆり』と
『フェイリス・ニャンニャン』の
バイト先であり、

岡部達の行きつけで
物語にもたびたび登場する
メイドカフェ『メイクイーン+ニャン2』

これのモデルとなったのは、
【東京都千代田区外神田3−6−2 FH協和スクエア 2階】『カフェメイリッシュ』
というお店です!
建物の外観は原作とそっくりです!

岡部と紅莉栖が語り合った公園はここ!

物語の中で主人公の岡部と
ヒロインである『牧瀬紅莉栖』が、
たびたび訪れていたあの公園は

【東京都千代田区外神田3丁目5−18】

にある、『芳林公園』という公園です!

残念ながら2013年に大規模な改修工事
あったらしく
原作とはかなり違う公園に
なってしまっています。

IBM5100があった柳林神社はここ!

物語のキーアイテムの一つである
レトロPC『IBM5100』があり、
ラボのメンバー『漆原るか』の生家でもある
『柳林神社』がモチーフになったのは、

【東京都千代田区神田須田町2丁目25-1】

にある、【柳森神社】という神社です!

ただ、立地的にはこの柳森神社が
モデルになったのは間違いないのですが、
外観等は別の神社が
モデルになっている
みたいです。

その神社は、

【東京都台東区台東4丁目21-23】

にある、『秋葉神社』という神社です!

立地と外観のモデルが違うので
ややこしいですが、どちらの神社も
シュタゲにとって聖地で間違いありません!

岡部とダルがよく行っている牛丼屋は?

シュタゲの聖地は?神社・メイドカフェ・牛丼・公園・ラボの場所も!1

最後にご紹介するのは、
作中で何度か登場した牛丼屋です!

岡部とラボのメンバーである『橋田至』が
牛丼屋使っている場面がありました。

牛丼屋の名前は『サンボ』
このお店のモデルになったのはどこか?

探すとなんと秋葉原には『サンボ』という
名前の牛丼屋がそのまま実在
します!

【東京都千代田区外神田3丁目】

ここに『牛丼専門サンボ』という店があり、
作中と外観も同じ、
さらには携帯の使用禁止という、
店舗ルールまで同じ
でした!
(実在するサンボさんはもっと細かい
店舗ルールがあるようです。)

まだまだある!シュタゲの聖地!最後に

今回、紹介させていただいたのは
シュタゲの聖地としてはほんの一部です。

アニメやゲームで使用されていた、
場面、場所のモデルになった場所は
まだまだたくさんあります!

また、機会があれば
紹介させていただきたいと思います!


Sponsored Link

この記事も良く読まれています

Sponsored Link


 - アニメ