エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

ゆとりですがなにかのキャストの年齢と登場人物の設定年齢を比較!

   

「ゆとりですがなにか」のメインの登場人物について


ゆとりですがなにかのキャストの年齢と登場人物の設定年齢を比較!
「ゆとりですがなにか」は
ゆとり第一世代と呼ばれている年齢の青年たちが
社会の中でいろいろな出来事に直面しながら、

奮闘して生きて行く様子を書いた
社会派ドラマのようです。

Sponsored Link


そこで、メインになっている3人の青年たちと
その周りの登場人物の年齢と
キャストの年齢とを比較してみようかなと思います。


坂間正和は食品メーカー
「みんみんホールディングス」に入社して7年目、

いろいろと部署を異動して、
今は系列会社の『島の民高円寺店」の店長として出向中です。
会社での成績はあまり良い方ではないようです。


また宮下茜という恋人がいるようです


山路一豊は阿佐ヶ谷南小学校の教師で
4年2組の担任をしています。

生徒からは
「やまじー」と呼ばれていているようです。


道上まりぷは風俗店の呼び込みをしているが、
東大合格を目指して11浪中です。

奥さんがいて、
最近「セレブ」という名前の娘が出来たようです。



この3人は共に1987年生れ29歳のゆとり世代


Sponsored Link


「ゆとりですがなにか」のメインの周りはどう?


ゆとりですがなにか2
また、3人の周りの登場人物ですが・・・


宮下茜は正和と「みんみんホールディングス」で同期入社しています
1987年生れの29歳。

杉並世田谷地区の店舗統括責任者をしていて
恋人の正和と違ってなかなかのキャリアですね。


山岸ひろむは1993年生れの23歳。
「みんみんホールディングス」で入社2年目、
正和の後輩です。

第二ゆとり世代と呼ばれている年代で、なかなか強烈で
正和を振り回しているようです。


坂間ゆとりは1995年生れの21歳。
正和の妹で就活中の大学生ですが、
なかなかうまくいっていないようです。

正和にとって妹のことも悩みの一つのようです。


佐倉悦子は1994年生れの22歳。
山路一豊の小学校に教育実習生としてきていて、
山路一豊のクラスで実習をしています。

一豊に告白もしたりと、こちらは一豊が振り回されているようです。



こういった登場人物に対して次のような方がキャスティングされています。そして年齢は?





「ゆとりですがなにか」の登場人物とキャストの年齢を比較してみると?



坂間正和役(29)には岡田将生、1989年8月生れ26歳。

山路一豊役(29)には松坂桃李、1988年10月生れ27歳。

道上まりぷ役(29)には柳楽優弥、1990年3月生れ26歳。

宮下茜役(29)には安藤サクラ、1996年2月生れ30歳。

山岸ひろむ役(23)には太賀、1993年3月生れ23歳。

坂間ゆとり役(21)には島崎遥香、1994年3月生れ22歳。

佐倉悦子役(22)には吉岡里帆、1993年1月生れ23歳。


このように登場人物とキャストの年齢を
比較してみるとよく似た年齢設定になっていますね


演じる俳優さんもゆとり世代を意識しながら、
ゆとり世代を応援するような感じにとらえているように思います。


4.まとめ?


最後になりましたが、脚本は宮藤官九郎さんです。
今回「ゆとりですがなにか」は社会派ドラマです。

社会派ドラマというと、
一見真面目で堅苦しい雰囲気に感じますが、
そんな中にもあるクドカンらしさであるコメディーな部分が、
エッセンスになっているように思いますね。

Sponsored Link

 - ドラマ