エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも

   

『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも

『君の名は。』とは



新海誠監督によるアニメーション映画です。
全国ロードショー中。
人気沸騰中で現在興行収入は

『シン・ゴジラ』に迫る勢いだとか…

今回そんな『君の名は。』の

ラストについてのネタバレ!

そして

三葉と瀧のその後を予想したストーリー

その二つについて話そうと思います!


Sponsored Link



『君の名は。』ラストネタバレ!実は入れ替わっていたのは…


まずは『君の名は。』について
簡単なあらすじから紹介していきます。

あらすじ


『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも
山奥の田舎町に住む宮水 三葉(みやみず みつは)
喫茶店もオシャレな店も何もない
そんな地元に嫌気がさして来た女子高生。
ある日、目が覚めた三葉は東京に住む見知らぬ男の子に!

一方東京に住む立花 瀧(たちばな たき)
バイトに学校に忙しくしてるのに
無味乾燥な毎日を送る男子高校生。
目覚めたら、見知らぬ女の子になっていた。

ある日、入れ替わってることに気が付いた二人は
スマホのメモやノートなどで
お互いのやり取りが始まる。

ところがその入れ替わりは
唐突に終わりを告げる。
それをきっかけに瀧は三葉に会いに行くことに…

辿り着いた悲しい事実


『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも
当初は一人でしたが結果的に三人で
飛騨に行き、瀧が描いた絵を持って
三葉の住む町を探す瀧達。

偶々立ち寄ったラーメン屋の主人が
『糸守町』(いともりちょう)の出身で連れて行ってくれることに。

しかし、そこは三年前彗星が割れ落下した地。
多数の死者を出し、既に廃墟となった、
変わり果てた糸守の姿でした


図書館で三年前の事を調べだした瀧達。
犠牲者名簿に記されていた
三葉の友人である二人。

そして、三葉の名前


事実を受け入れきれない瀧は一縷の望みをかけ
記憶を頼りに神域へと向かい
三葉の口噛み酒を口にし、倒れこみます。

皆を救うため奔走する三葉と瀧


口噛み酒を飲んだことで三葉の記憶を見た瀧
そして彗星が落ちた日の三葉と入れ替わります。


何とかして、未来を変えるべく計画を立てる瀧

テシガワラとサヤちんを巻き込み行動を起こします

そして瀧と入れ替わり、
神域で目を覚ました三葉は
糸守がなくなった事実を知り愕然とします。

瀧は三葉の記憶を見たことで
自分と三葉はかつて一度だけあったことがあると思いだしました。

三年前、中学生だった瀧と。
まだ、三葉を知る前一度だけ会い、
糸守の伝統的な組み紐を渡され

「みつは、私の名前は三葉」

とだけ告げられた一度っきり
たった数分の出会いでした。

夢で入れ替わった瀧に会う為東京に行った三葉。
しかし、出会ったのはまだそのことを知らない瀧。

三葉と入れ替わってたのは

三年後の瀧だったのです

入れ替わりには三年のタイムラグが起こっていたのでした。


Sponsored Link



二人の出会いが奇跡を起こす


神域でお互いを探す瀧と三葉。
時刻は夕暮れ、黄昏時に。
それを見て二人は同時に

「カタワレ時」

と呟くとお互いが目の前に。

そのわずかな時間の中、
瀧は三葉に組紐を返すとともに
目覚めても忘れないように掌に名前を書こうと提案します。


三葉の手に名前を書いたところで
カタワレ時は終わり
忘れないように三葉の名前を自分の手に書こうとしたのに

なぜかさっきまで呼んでいた名が分からない

神域に来た理由すら瀧は忘れてしまい、
呆然と立ちすくみました。

喪失は奇跡の始まり


『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも
なんとしてでも皆で生き残るため
いまだ奔走する三葉。

しかし、一見うまくいくかに見えた計画も頓挫しかける。
奔走する中、坂道で転んだ三葉。

三葉もまた瀧のことが記憶から消えつつありました。


名前を書いてもらったはずの右手には

「すきだ」

の言葉。


そして、生き残る決意を新たに決めた三葉。
そして彗星は割れ、それは轟音と共に糸守町へと落ちたのでした。

時は流れ、東京


瀧は大学生となり、現在は就活に励んでいました。

三年前、奇跡としか言えないような形で
巨大隕石落下の大災害を町の人全員が回避した
という記事を当時熱心に調べていた意味も分からないまま。

朝起きるとなぜか涙がこぼれている。
同じ東京で暮らすのに知らないままの二人
通勤電車の窓越し

何の前触れもなく二人の出会いは訪れます

駅についたと同時に走りだし、
とある階段の前ですれ違います。

そのまま通り過ぎると思われた二人ですが、
ゆっくりと振り返り、目があい
二人は声を合わせます

「-君の、名前は。」

感動でこのシーン涙がこぼれました。

深い余韻と共に終わる映画で
間違いなく今まで見た映画では
NO.1ですね!

瀧の記憶と年齢にはやや違いがある?



原作でも映画でも三葉と同じ年、
多分高校の二年生くらいかな?となっています。


ただ、それは夢の中で。あらすじにも書きましたが、

入れ替わってたのは三年後の瀧なので

彗星が糸守町に落ちた時は13か14。


ここがちょっと不思議なんですよね。


なんで未来の瀧なのかもよく分からないですし。
個人的な解釈としては
三年後の瀧だから出来ることって言うのがあったんでしょね。


記憶もまたちょっと不思議なんですよね。


一度は三葉と瀧は会ってるんです。
その時は一方的に三葉が知っていて、組み紐を渡されてます。

これは、ただ単に忘れていただけの様です。


そのことについては

「知らないうちに会いに来るな」

と神域で会ったとき文句を言っていたので。


大人になって三葉も瀧も夢で何かがあって、
朝起きると泣いていることがある。

という導入から映画も原作も始まります。
夢で入れ替わったことはなかったことになってるんですよね。

事実が変わったときに消されちゃったのかな?

三葉は会いに行っているので、
忘れてはいなかったと思うんですけれど。


瀧は知らないはずなのに、
彗星の記事を熱心に調べたり、
何かわけのわからない喪失感に苛まれる。


少し不思議ですよね。


忘れてるわけでもないけれど、
覚えてるわけでもないみたいなんですよね。

それは三葉も一緒みたいですが。


なんだか一度は彗星を回避できずに三年が経ち、
一度時間が三年巻き戻って彗星を回避して時間が進む。


みたいな不思議な時の流れがあるみたいです。


全部ひっくるめて再会までの伏線ですね。


こちらでも『君の名は。』についてまとめています。
君の名は(映画)は面白い?原作小説やアニメとの比較評価や見どころ
新海誠監督作品に関してはこちら
新海誠の作品おすすめランキング(小説編)!ほぼ傑作一覧集だなww

その後の展開を予想!最後はやっぱり…


『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも
ちょっと小説風にその後の展開を予想してみました。


「-君の、名前は。」



「宮水三葉です」
「立花瀧です」

『ずっとあなたを探してました』

大粒の涙が三葉の頬を滑り落ちる。
一段一段距離を縮めていく二人。

初めてあったはずなのに、ずっと前から知っていたような
不思議な既視感。

不意に強い風が吹き、緩んでいた組み紐が三葉の髪から落ちる。
それは『ムスビ』
二人の手が組み紐に触れた瞬間、
絡み合っていた糸が一つ一つほどけるように、
いつかの記憶が二人の心を駆け巡った。

「瀧…」
「三葉」

涙だけがとめどなく溢れ、言葉が出てこない。

「会いたかった」
「私も、会いたかった」

いつか組み紐に触れていた瀧の手がそっと三葉の手に触れる。
そしてあの時本当は直接言いたかった言葉を伝えるために、瀧は口を開く。

好きだ―


みたいになったらいいなぁと思うんですよね。
(あくまで個人の予想です)

『秒速5センチメートル』のような失うだけの恋ではない
と何かのインタビューで新海誠監督も語ってましたし。

その後はやっぱり

見た人の数だけあると思います

それでもすれちがい続けて、それでも出会えたんですから

やっぱり最後はハッピーエンド希望です!


「君の名は。」まとめ



『君の名は。』のラストネタバレ!瀧の記憶や年齢が?続きのセリフも
公開日に劇場まで見に行ったんですけど、
混んでましたね。
まだ夏休み中っていうのもあったと思いますが。

やっぱり大きなスクリーンでみる映像って言うのは
DVDやテレビで見るのとは

一味違うというか

是非劇場で見るのを薦めたいですね。
文章ではお伝えしきれない、あの感動や映像、音響を
実際に見てきていただきたいです。

勿論小説版もおススメ!

より深く見るために
小説を読んでから映画を見ることをおススメします!

Sponsored Link

 - 映画