エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

もうKAT-TUN再結成&再始動は実現しない?各人のソロ活動が濃厚か…

   

もうKAT-TUN再結成&再始動は実現しない?各人のソロ活動が濃厚か…
充電期間中のKAT-TUNのメンバー、上田竜也さんが
松坂桃李さん主演のドラマ「視覚探偵日暮旅人」に出演するようです。

2017年は充電期間に入っていよいよ本格的に個々での活動が、
活発的になるのでしょうか?

そうなると、
今後KAT-TUNは充電期間を無事に終えて、
KAT-TUNとしての活動の再始動は実現するのか?


また、
再始動するとすればそれはいつ頃か?
気になるところです!

Sponsored Link


KAT-TUNの再始動&再結成はあるのか?実現可能性を探ってみた…


もうKAT-TUN再結成&再始動は実現しない?各人のソロ活動が濃厚か…1
KAT-TUNは今、度重なるメンバーの脱退により、
充電期間に入っています。


赤西仁の脱退、田中聖の脱退の時には、
すぐに新体制を取り活動をして来ました。


しかし田口淳之介の脱退後は「10周年の記念ライブツアー」終了後、
充電期間を取ることにしました。


充電期間に入る前の
「KAT-TUN 10周年記念ライブツアー」、
最終日の挨拶では、

「やはり、このままではダメだ」
という様な思いから、

「よりいっそう強い繋がりを持つ為に個々のスキルを高め、もっと強くなって帰って来たい」
というようなことを言っています。


もう少し詳しく各々のコメントを抜粋しますと、

上田くんは、

「グループとしては充電期間に入りますが、
個々それぞれ何ができるか探して、成長するために戦います。
だから皆さんも一緒に戦ってください。

他のメンバーがテレビに出たりして頑張っているときは、
俺のファンも応援してください。

KAT-TUNというグループを愛しているからこそ、
この充電期間も戦って行けたらと思います。

よろしくお願いします。」



中丸くんは、

「音楽活動を再開させるまで、
個々の仕事をできるだけ多く受け取ってもらいたい。

ジャニーズウェブとか会報をこまめにチェックしてもらえたら。

また力をつけて集まった時に何か面白いことが生まれると思っているので、
その時に集まって楽しく盛り上げましょう。」



亀梨くんは、

「明日からそれぞれの場所で
しっかりと力をつけていかなければなりません。

僕自身も自分のやり方で、
また新しい亀梨和也を模索しながら
力強く進んで行けたらいいなと思っています。

そこで得た経験や見た景色思いを大切に積み重ねて、
またこの船に持ち帰ってくることができたらいいなと思います。

最後に僕たちKAT-TUNは、
K・亀梨和也、A・赤西仁、T・田口淳之介、
T・田中聖、U・上田竜也、N・中丸雄、
この6人で結成されたグループです。

この6人が集まらなければ
KAT-TUNというグループはなかったかもしれないし、
僕自身もKAT-TUNのメンバーとして
皆さんと出会う事はなかったかもしれません。

なのでここにいる2人はもちろん、
抜けて行った3人にもしっかりこの歩みに感謝したいと思います。

ありがとう。

ここから先は誰も経験したことのない未知の部分。

時に皆さんを不安にさせてしまうことや
僕たち自身が不安になることもあると思います。

でもこれがKAT-TUNを守るために必要な時間だとだったと
絶対に思えるように、
僕たちは未未来を作り続けていきたいと思います。

油断して休んでいる暇ないんで。
もっともっと力強くつながって、
しっかりとついてきてください。

そして、それぞれがたくさんの力をつけた時、
心からKAT-TUNを守れたと思うし、
KAT-TUNの亀梨和也として胸を張って
またここに立ちたいと思います。

それまでよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。」


という、前向きなコメントを残しています。

Sponsored Link


KAT-TUNの2017年は各人のソロ活動が濃厚か…??


また、嵐の櫻井翔さんの番組の
「櫻井・有吉 The 夜会」では、


これは抜けるたびに上がる議題で

「このままやっていくのか?」とか、
「グループとしては様子を見て個々に力をつけなくちゃいけないのか?」とか、
「人増やす?」とか

選択肢が上がるそうです。


でも、ファンの方達の「頑張って!」という声もあり、

「5人になって・・・頑張ろう!」

「4人になって・・・頑張ろう!」

「3人になって・・・いや、ちょっと待てよ?1回冷静になろう!」

「KAT-TUNをなくさないよう頑張りたいんだけれど、
その方法が果たしてやり続けることだけじゃないんじゃないか?

意識的に休んでみて、
個々で仕事をできる力をつけるべきじゃないんじゃないか?」


今回は思った。

と言っています。


そして、充電期間に入って半年以上が過ぎ、
昨年年末に出ている雑誌の次年度の抱負などを見ていると、

2017年からは
本格的に個々での活動を活発的に展開できる準備が整ったことが
感じ取れます。



また亀梨和也さんにおいては昨年の年末に
「ジャニーズ オールスターズ アイランド」に
ゲストとして出演した際、

「来年は皆んなのところに飛んでいくから」

といったようなコメントをハイフン(ファン)に向けて残しているようです。

こういったことから、
2017年は本格的に
個々での活動に力を入れてくるのではないでしょうか?


ですので、まだまだこれからが充電期間本番といったところと
思ってよさそうですね?


よってグループとしてファンとの交わりはまだまだなさそうですが、
個々では何らかの形で
ファンの方達と交わりが感じられるような部分を作っていきたいと、
それぞれが思っているようにコメントを残しています。



ファンは、早くKAT-TUNが個々に力をつけて、
グループ活動に戻ってくることを願っているに違いありません。

その一つに、沢山のエールを送って応援をすることも、
KAT-TUNが再び始動する日が近づくことに繋がると
思うのです。

KAT-TUNをしっかりと応援しながら、
戻ってくることを信じて待ちたいですね!

ジャニーズの出演する映画やドラマをたくさん紹介しています。
美しい星が映画に!原作小説のあらすじネタバレ!実写化への評判も

PとJK(映画)の公開日や試写会はいつ?主題歌や撮影ロケ地もネタバレ

PとJKが映画に!原作ファンの出演者や配役への評判は?ラスト予想も

忍びの国(映画)の公開日や試写会はいつ?ストーリーをネタバレ予習

曇天に笑うが実写映画化!出演者の配役に批判が?感想・評価まとめ

ホーンテッドキャンパス(映画)の公開日!ロケ地やキャストの詳細も

鋼の錬金術師の実写化に「最悪、反対」の批判が!作者は納得してる?

鋼の錬金術師が実写映画化!公開日や試写会いつ?撮影は既に完了?

KAT-TUNメンバーそれぞれのソロでのお仕事状況!


もうKAT-TUN再結成&再始動は実現しない?各人のソロ活動が濃厚か…2
では、そんなKAT-TUNの個々の活動を見ていきたいと思います。


まずは中丸くん、

テレビでは、

「シューイチ」日本テレビ系7:30-9:55
に、レギュラー出演をしています。

「まじ★すか」という自身コーナーでは、
体当たりで様々な体験をしながら、
調査やリポートをしています。

その他では、バラエティー番組に登場したりしているようですね。

雑誌の方は、

「WiNK UP」、(ワニブックス)毎月7日発売で、
『中丸雄一のイラスト勉強会』を連載中です。



上田くんは、

テレビでは、

「炎の体育会TV」TBS系19:00-20:54
に、レギュラー出演をしています。

「上田ジャニーズ陸上部」の監督をしており、
ジャニーズJrの子たちを引っ張って面倒を見ながら、
このコーナーを盛り上げていっているようです。

また、1月22日(日曜日)スタートの
ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』に
鶴田亀吉として出演することになっています。

博多出身のチンピラで、旅人の探偵事務所の助手になります。
上田くんは

「亀吉は簡単に言うと明るいチンピラ。」

と言っています。

この物語にとって、上田くんの亀吉が、
良いスパイスになればいいなと思いました^_^。


最後に亀梨くん。

まずはテレビでは、

「Going! Sports & News」日本テレビ系23:55-24:55
に、レギュラー出演しています。
テーマソング:KAT-TUN「BRAND NEW STAGE」


ラジオでは、

「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」

NACK5 毎週(土)10:20-10:50 放送中です。


雑誌では、

「POTATO」、(学研プラス)毎月7日発売で、
『亀梨和也のGoing my way』を連載。

「MAQUIA」、(集英社)毎月23日発売で、
『亀カメラ』を連載しています。

CMでは、
☆ ノーベル製菓 「SOURS」

☆ 大正製薬 「RAIZIN」

☆ 保険見直し本舗

に出ています。

そして映画では、
「PとJK」 2017年3月25日公開
主演・亀梨和也(警察官・功太役)

「美しい星」 2017時5月ロードショー
亀梨和也(大杉一雄役)

が決まっています。


まだまだ、2017年は始まったばかり、

これから更にどんな活動を見せてくれるのか、楽しみですね!

Sponsored Link

 - 人物紹介