エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

ラルクアンシエルのおすすめアルバム!アニソンやドラマ主題歌も!

   


Sponsored Link

ラルクアンシエルといえば?

近頃は日本のバンドも世界で活躍するようになってきました。

ラルクアンシエルはその中でもいち早くワールドツアーをし
世界中に沢山のファンを持つバンドと言えるでしょう。

ラルクアンシエルのおすすめアルバム!アニソンやドラマ主題歌も!4

映画、ドラマ主題歌やアニソンといったタイアップ曲も多く持ち、
一般的な知名度は勿論ですが芸能人の中にもファンと公言する人が多いですね。

今日はそんな世界的ロックバンド、ラルクアンシエルを
こよなく愛する筆者が皆様におすすめアルバムをご紹介しましょう。

これを読んだらあなたもきっとラルクを聴いてみたくなるはずです!


Sponsored Link

ラルクアンシエルおすすめアルバムは「True」!

ラルクアンシエルのおすすめアルバム!アニソンやドラマ主題歌も!3

筆者がおすすめアルバムとして紹介したいのは、
1996年に発売された「True」というアルバムです。

このアルバムはラルクアンシエルに大きな変化をもたらした作品で、
その後のラルクの魅力に大きく発展させた重要なアルバムだからです。

オリコンの初登場は2位ですが6週目で1位を獲得し、
その後ロングセラーとなってラルク初のミリオンヒットを達成したアルバムです。
前ドラマーのsakuraが脱退する前の最後のアルバムでもあります。

このアルバムは当時のファンに衝撃を与えました。

それまでのラルクはどこか幻想的な、現実味のない歌詞と
特徴的なメロディーの曲が多かったのです。

ちなみにそのような曲が収録されているアルバムは
インディーズ時代の1993年に発売の「DUNE」や、
メジャーデビュー後の1994年発売の「Tierra」、
1995年発売の「heavenly」
です。

歌詞の意味がわかりづらく、どこか「考えるな、感じろ!」という曲が
「ラルクらしさ」でもあり、hydeの歌い方もかなりねっとりと重たくて、
正直言うと好き嫌いははっきり分かれるのではないかと思います。

ところが「True」はどちらかと言うとポップな、
一般受けのする曲が多く収録されているのです。

メジャーで活躍するには売れないといけない、
でもやりたいことは売れないとできない。

そんなメンバーの葛藤もあって作られたアルバムだそうですが、
結果的にこの変化がラルクに更なる飛躍と限りない可能性を感じさせることになりました。

今ではメンバー4人それぞれが作詞作曲をすることで
幻想的な歌詞、メロディー、ポップからハードロック、バラードに至るまで
各々の個性を生かして幅広い音楽を生み出しています。

おすすめアルバム「True」の収録曲とは?

ラルクアンシエルのおすすめアルバム!アニソンやドラマ主題歌も!2

現在もライブの定番曲である「Caress of Venus」や「the Fourth Avenue Cafe」のように、
収録曲は今でも大人気のラインナップです。

筆者は特に「flower」が大好きで、hydeの書くどこか浮世離れした歌詞と
キャッチ―なメロディーのシンクロ、Cメロの綺麗な歌声の伸びが魅力的です。

他にも「風にきえないで」は長年披露されていなかったものの、
2017年4月に東京ドームで行われた25周年ライブで演奏された際は
会場が大きくどよめき盛り上がりました。

壮大なバラードからアップテンポ、キャッチ―なメロディーでありながらも、
持ち味の幻想的な雰囲気はしっかり残してある、名曲が集まった傑作です。

ラルクアンシエルのアニソンは?

ラルクアンシエルのおすすめアルバム!アニソンやドラマ主題歌も!1

ラルクアンシエルと言えばアニソンで知ったという人も多いでしょう。

アニメ「鋼の錬金術師」ではテレビシリーズで「READY STEADY GO」、
映画で「Link」、「GOOD LUCK MY WAY」
が使われました。

他にも「GTO」では「Driver’s High」が、
「機動戦士ガンダム00」では「DAYBREAK’S BELL」がタイアップとして起用されました。

どれもカラオケでの定番曲にもなっていますね。
アニソンに詳しくなくても、一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

ラルクアンシエルのドラマ主題歌は?

勿論タイアップはアニソンだけではありません。
テレビドラマ主題歌としても多々起用されています。

テレビ朝日のドラマ「青い鳥症候群(シンドローム)」のテーマソングとして「いばらの涙」、主題歌として「LOVE FLIES」。

同じくテレビ朝日のドラマ「シカゴ・ホープ2」では「winter fall」。
ちなみにこの曲は現ドラマーのyukihiroの加入後、初シングル曲です。

NHKの「精霊の守り人」では「SHINE」が使われました。

どれも時間が経っても色あせることのない名曲たちです。

ラルクアンシエルのおすすめアルバムのまとめ

アニソンやドラマ主題歌など広い世代に知られる楽曲を多く持つラルクアンシエルですが、
その中でも筆者のおすすめアルバムは「True」でした。

「ラルクらしさ」という枠組みに収まらないところが
今のラルクの大きな魅力と言えるでしょう。

その変化を魅力と変えた「True」こそ、おすすめアルバムとして太鼓判を押せます。
皆さんも必聴ですよ!

ぜひ聴いてみてくださいね。


Sponsored Link

この記事も良く読まれています

Sponsored Link


 - 音楽