エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

涼宮ハルヒシリーズの時系列順!発売の順番やおすすめの見る順番も!

   


Sponsored Link

涼宮ハルヒシリーズとは?

「涼宮ハルヒの憂鬱」をはじめとした涼宮ハルヒシリーズを皆さんご存知でしょうか?

角川スニーカー文庫にて2003年6月から刊行されている
ライトノベル作品となっております。

こちらの作品は、第八回スニーカー文庫大賞を受賞しており、
「このライトノベルがすごい!」の2005年度版にて、堂々の一位を獲得しています。

さらに、全世界累計発行部数が2000万部を突破しているなど、
まさにレジェンド級のライトノベルなのです。

涼宮ハルヒシリーズの時系列順!発売の順番やおすすめの見る順番も!1

この物語は、普通の男子高校生キョン(本名不詳)
一人称視点で進行していきます。

女子高生涼宮ハルヒが設立した、学校非公式クラブ「SOS」団のメンバーを中心に展開する
(第一巻涼宮ハルヒの憂鬱の裏表紙に書かれている言葉を借りれば)
「ビミョーに非日常系学園ストーリー」となっています。

「深夜枠」で、たった「14話」という恵まれない環境の中2006年4月に
アニメは開始されたのですが、まさかのヒットとなりました。

そもそも作者の谷川流さんが、久々のスニーカー文庫大賞の受賞者であると同時に
その作者である電撃文庫からも「電撃!! イージス5 盾と羊と」
同時デビューしていることから、当時とても注目されていたのです。

破天荒なヒロインに振り回されるストーリーが、
ヒットした要因の一つではないかと言われています。

意外なことにSF要素の強さが強く、「ライトノベル」らしい
文章にするのに適した作品ともいえます。


Sponsored Link

発売順と時系列が違う?

涼宮ハルヒシリーズの時系列順!発売の順番やおすすめの見る順番も!2

さて、そんな大人気学園SFものの「涼宮ハルヒ」シリーズですが、
実は発売順とストーリー中の時系列一致していないそうです。

しかも、登場人物がタイムトラベルして
過去の出来事にかかわったりする場面もあります。
アニメでもその手法が採用されているようですね。

では、その気になる発売順と時系列の関係を見ていきましょう。

発売順、およびアニメ2006年度版の並び

朝比奈ミクルの冒険 Episode00
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ
涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ
孤島症候群(前編)
ミステリックサイン
孤島症候群(後編)
サムデイ イン ザ レイン
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ
射手座の日
ライブアライブ
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ

時系列順の場合

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ~Ⅵ
涼宮ハルヒの退屈
笹の葉ラプソディ(新作)
ミステリックサイン
孤島症候群(前編)(後編)
エンドレスエイトⅠ~Ⅷ(新作)
涼宮ハルヒの溜息Ⅰ~Ⅴ(新作)
朝比奈みくるの冒険 Episode00
ライブアライブ
射手座の日
サムデイ イン ザ レイン

ザッと見ていただければわかるかとおもいますが、
時系列と発売順の並びがぐちゃぐちゃになっています。

そのため実はこのアニメには、
2006年度版の「発売順に従った時系列あっちこっち」版と、
2009年度版の「時系列に沿って放送してるよ。新作もいれてね」版

という二種類のアニメが放送されているのです。

アニメ「涼宮ハルヒ」シリーズのおすすめの見る順番

涼宮ハルヒシリーズの時系列順!発売の順番やおすすめの見る順番も!3

ズバリ、初めて見る方には、
2009年度版に放送された時系列順に見ていただくことをおすすめします。

理由は単純にそちらの方がわかりやすいから、という一言につきます。
特に発売順に見ていく場合、朝比奈ミクルの冒険 Episode00という
一番最初の放送内容が、いきなりSOS団の自主製作映画という
原作を知らない方からしたら驚天動地なものからストーリーが開始されるからです。

つまり、始めて視聴する方には
2009年度版の新作も含まれている版をぜひ見ていただきたいです。
しかし、もちろん2006年度版の発売順での視聴もおすすめしないわけではありません。

時系列がぐちゃぐちゃになっているというのは
明らかに作者である谷川先生とアニメ監督が意図的に行っていることであり、
それ自体も涼宮ハルヒシリーズの魅力です。

2009年度版を見終わって時系列ぐちゃぐちゃが気になる方はもちろん、
最初からどうしても発売順に見てみたいという方は2006年度版から見てみてください。

レジェンド級の作品ということもあり、どちらも楽しめるはずです。
見る順番としては、この二つのどちらかに絞れるでしょう。

まとめ

ここまで紹介してきてわかっていただけたと思いますが、
とてもカオスでSF要素が強い作品が涼宮ハルヒシリーズということです。

しかし、もちろん大人気作品であるがゆえ、
「おもしろさの『ツボ』がわかっている」
「話のテンポがいい」
「とにかくおもしろい。萌えも最高」

などと大好評な声がネットでは溢れかえっております。

この作品は、その時系列不順であることさえお笑いに変えようとする斬新で、
よくできた作品なのです。

もちろん、涼宮ハルヒシリーズの魅力はなんといっても
破天荒キャラクターである「涼宮ハルヒ」のキャラクターにあります。
もちろん、SOS団の個性豊かな面々一人一人がいい味をだしていますよ。
おれはやっぱり……朝比奈さんが好きですね!

ラブコメディ作品が好きな方はもちろん、
SFとかセカイ系とかいうジャソルもついているので騙されたつもりで
視聴してみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link

この記事も良く読まれています

Sponsored Link


 - アニメ