エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

煉獄に笑うのあらすじネタバレ!曇天シリーズの続き?正しい順番も

   

煉獄に笑うのあらすじネタバレ!曇天シリーズの続き?正しい順番も2

煉獄に笑うとは?


唐々煙さんによる
大蛇をめぐる運命と戦いの物語です。

『曇天に笑う』

より大体300年位昔の話。
主人公は

『石田 佐吉』(いしだ さきち)

後の『石田三成』です。

『曇天シリーズの続き?』
『順番は?』
という検索が多くされている様です。
一体どんな話なのか?正しい順番は?

今回はその二つについて
お話していきたいと思います!

Sponsored Link


煉獄に笑うのあらすじネタバレ!


煉獄に笑うのあらすじネタバレ!曇天シリーズの続き?正しい順番も3
物語の始まりは1577年の近江国(おうみのくに)
今でいう滋賀県です。

豊臣秀吉に内密に遣いを頼まれ

通称『忌み子(いみこ)神社』

と呼ばれる
『曇(くもう)神社』にやってきました。

そこの当主は双子だから『忌み子神社』
昔、双子は災いの前兆と言われ
忌み子と呼ばれてました。

しかも、男女の双子。
心中した恋人の生まれ変わりなどと言われ
完全に憎しみの対象。

佐吉は遣いの内容を正直に言います。

『髑髏鬼灯』(どくろほおずき)を頂きに参った

佐吉は正直なところが

長所だけど短所

正直すぎるんですよね。
そして石田は二人と出会った。

『曇 芭恋』(くもう ばれん)
『曇 阿国』(くもう おくに)


そして佐吉は自らを取り巻く運命に翻弄されていきます。

銃職人の集団、国友(くにとも)の
お家騒動に巻き込まれ、
あれよあれよと
伊賀の忍に目をつけられることに…

時は乱世。
さまざまな権力者が求める大蛇とは
その依代は一体誰なのか
その存在を知る『髑髏鬼灯』とは何なのか

抗えぬ運命を前に
突き付けられる向かい合うべき真実。

ただただ無力な自分

これは無力さに打ちのめされ
それでも前を向こうと足掻き続ける少年と
近江を愛した人々の物語。

Sponsored Link



曇天シリーズの続き?正しい順番は?


煉獄に笑うのあらすじネタバレ!曇天シリーズの続き?正しい順番も1
『煉獄に笑う』が
『曇天に笑う』の続きというのは
厳密には違います。正確な順番はこちら。

『泡沫に笑う』(600年前鎌倉時代)

『煉獄に笑う』(300年前安土桃山時代)

『曇天に笑う』(明治時代)

つまり、
歴史的に正しい順番は

『煉獄に笑う』なんですよね…

『曇天に笑う』は明治時代のお話ですから。

ただし、漫画は絶対に

『曇天に笑う』の一巻から

大蛇に関わる伏線が出てますから。
そして一巻には『曇天に笑う』の
600年前の話

『泡沫(うたかた)に笑う』

が収録されています。
これが一番最初、シリーズの

『始まりの物語』です!

『曇天に笑う』を全巻読んで
『煉獄に笑う』を読んだ方が面白いと思います。

理解度が全然違いますから。

なんだか『煉獄に笑う』は時代背景のせいか
勢力図がものすごく複雑です。
予備知識がないとちょっと難しい話になりがちです。
ここにきて新しい事実が発覚したりして。

この人はもしかして…

と想像しながら読むと楽しいですよ。

単品でも面白いですけど、
より深く読もうと思ったらやはり

『曇天に笑う』からを強く推奨します!


煉獄に笑うネタバレまとめ


煉獄に笑うのあらすじネタバレ!曇天シリーズの続き?正しい順番も4
いよいよ物語の核心に近づく

6巻が発売

5巻で死んだと思われていた
曇の双子が生きて、佐吉の前に…


みたいなすごくいいところで終わってしまって
マンガとはそういう物ですよね…。

でも絶対にここからが

見逃せないですね

面白くないはずがないんですよね。
その見逃せない新刊は

3月14日に発売されます!

なんとファン待望の

『曇天に笑う外伝』も同時発売!

なんと特典付き

要チェックです!!

Sponsored Link

 - 漫画