エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

どろろの百鬼丸に惚れる!かっこいいセリフ・シーンについても!

   


Sponsored Link

手塚治虫の漫画“どろろ”ですが
様々なジャンル作品になり世代を越えて愛されていますね。

既に、小説やゲーム、実写化、舞台
幅広い展開を続けているどろろですが、
今回は主人公である百鬼丸の魅力
伝えていきたいと思います!

百鬼丸について

どろろの百鬼丸に惚れる!かっこいいセリフ・シーンについても!3

百鬼丸の父、醍醐景光が
まだ生まれる前の百鬼丸を妖怪の生贄としたため、
生まれた時から身体の48箇所がありませんでした。
2019年版のアニメでは12箇所となっている)

その後、医者である寿海が欠損した身体に
手当を施し、人の姿をしています。


Sponsored Link

百鬼丸に惚れる理由

どろろの百鬼丸に惚れる!かっこいいセリフ・シーンについても!2

百鬼丸に惚れる理由は“強さ”だと思います!
妖怪と戦う時、腕の中に仕込まれている刀を
使って戦う姿は見物です!

そして、自分の身体を奪った妖怪以外には
手を出さない
と言う信念もあります。

また、一緒に行動しているどろろに
口では邪魔だと言いながらも、
ピンチになったら必ず助けに来るという
優しさも兼ね備えているので、
そんなところに惚れるのだと思います!

百鬼丸のかっこいいシーン&セリフ

どろろの百鬼丸に惚れる!かっこいいセリフ・シーンについても!1

身体を奪った妖怪を探す旅の途中
その妖怪の巣窟となってしまっている
村に遭遇
した百鬼丸とどろろ。

捨てられた赤ん坊達が
村を巣食っている妖の餌
にされていて
その妖怪を退治すると言う回です。

百鬼丸は妖怪を見事に倒し
奪われていた“足”を取り戻したのですが、
その足が生えてくるところを目撃した村人達が
百鬼丸も妖怪では無いかと疑いました。

そして無慈悲にも出ていけと言い放ちます。
それを聞いたどろろは

「あにきは妖怪なもんか!ちゃんとした人間様だい!」
「百鬼丸は村のためにあれだけ体を張って戦ったんだ!」
「どの村でも、恩をアダで返して追い出すんだ!」

と必死に訴えるも、
1度妖怪に酷い目にあった村人達は聞く耳をもたず、
出ていけとの一点張り。

そこへ百鬼丸が現れて

「どろろ、もういい。」
「いこう。この村にいる理由もなくなった。」

と文句の1つも言わず立ち去る姿に
潔さとかっこよさを感じました!

このシーンは
映画どろろでも取り上げられているシーンです。

言葉や、取り戻した身体は違いますが
どろろが必死になって百鬼丸を庇うところに
2人の友情を感じる魅力的なシーンとなっています!

最後に

どろろと言うお話は、
過激な表現や、無慈悲なところも
容赦なく描かれている作品

万人受けとは言い難い作品となっています。

ですが、そこに“手塚治虫らしさ”
があるのではないかと私は思います。

原作では、身体を全て取り戻す前に
未完結のまま終わっている
ため
アニメや映画では、
それぞれ違う終わり方になっているというのも
1つの魅力です。


Sponsored Link

この記事も良く読まれています

Sponsored Link


 - アニメ, ゲーム, 漫画