エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!

   


Sponsored Link

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!2

2021年7月16日より公開されているのが『竜とそばかすの姫』
細田守監督の最新作になります。

色々な作品に関わっている監督さんですが、
自身が監督を務めた長編アニメーション映画では7作目になります。

細田守監督の作品一覧!

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!3

ここで監督を務めた長編アニメーション映画を
年代順に紹介していきましょう。

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!4

公開年:2005年
興行収入:12億円

長編アニメーション映画初監督作品。
「ONE PIECE」テレビアニメの劇場版第6作目。


Sponsored Link

時をかける少女

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!5

公開年:2006年
興行収入:2.6億円

筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作ですが、
原作の出来事から約20年後が舞台となっている作品。

サマーウォーズ

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!6

公開年:2009年
興行収入:16.5億円

監督として初の長編オリジナル作品
『時をかける少女』のスタッフである、
奥寺佐渡子(脚本)、貞本義行などが制作に携わった。

おおかみこどもの雨と雪

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!7

公開年:2012年
興行収入:42.2億円

本作で初めて自ら脚本も手掛けた。
この作品を制作するために新たに「スタジオ地図」を
立ち上げた。

本作以降、制作会社は「スタジオ地図」となっている。

本作のテーマは「親子」となっている。

バケモノの子

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!8

公開年:2015年
興行収入:58.5億円

前作に引き続き、自ら脚本も手掛けている。

バケモノたちの世界にある都市・渋天街を舞台に
親子の絆を描いた「新冒険活劇」。

現在までの監督作品で
最も興行収入があった作品になっている。

未来のミライ

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!9

公開年:2018年
興行収入:28.8億円

横浜の「兄妹」をテーマに、
甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと
未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの
冒険が描かれている作品。

竜とそばかすの姫

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!2

公開年:2021年

2021年7月16日より公開されている作品。
「ずっと創りたいと思っていた映画」と語っている。

作品の良さや特徴は?

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!10

ここからは個人的な意見も含まれますので
ご理解のほどを。

・入道雲(青空)
・人物に影がない
・大きなテーマが『家族』

大きな特徴として挙げたのが3つになります。

「そういえば」と思った人も多いのではないでしょうか?

どの作品にも特徴的な「入道雲」が描かれています。
これは主人公の成長していく姿と重ねているそうです。

また大きな特徴として「人物に影がない」というのも
挙げられます。

大きなテーマとなっている「家族」。
これは各映画を鑑賞すると分かると思います。
家族を中心に描かれているものばかりですね。

それ以外にも特徴はあるのですが、
もう一点あげておくと「実際の場所や看板を入れておく」という事。
これは見ている人がより作品にのめり込めるようにとのことです。
これは作品の「良さ」ということにもなってきますね。

個人的な意見としては、作品すべてが「身近」に感じる
気がしています。
そんなことはないのですが、何か親しみやすさを感じます。

おすすめ作品は?

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!11

これも個人的な意見ですが「おおかみこどもの雨と雪」
おすすめ作品として挙げておきたいと思います。

ニホンオオカミの末裔「おおかみおとこ」と人間である「花」の
二人の子供である娘の「雪」と息子の「雨」の
13年間の成長のお話です。

「非現実的」な話ではありますが、「現実的」な話に感じられ、
とても「ほっこり」した感じになっていると個人的に感じます。
ゆったりした気持ちで鑑賞できる作品だと思っています。

細田守監督の作品一覧!おすすめは?作品の良さや特徴も紹介!まとめ!

日本を代表するアニメ監督の一人である、細田守監督。
個人的には「引き込まれる」作品が多いと思っています。
是非一度鑑賞することをオススメします。


Sponsored Link

この記事も良く読まれています

Sponsored Link


 - アニメ, 映画