エンタメなんでもブログ♪

ドラマ、バラエティ、映画、漫画、アニメetcあらゆるエンタメを紹介

マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ

   

マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ2

日本公開予定が2017年1月27日予定の、
「マグニフィセント・セブン」。


なんでも、
日本が誇る名監督・黒澤明監督不朽の名作「七人の侍」及び、
同作をリメイクした「荒野の七人」を原案にした西部劇なのです。


マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ7人の侍

「七人の侍」の公開年が、
1954年なので、60年以上たった今も、

しかも日本ではなく
ハリウッドで脈々と影響を受け継がれていると思うと、
日本人としても気になってきますよね。


さて、後述するように
2017米アカデミー賞最有力とも言われる「マグニフィセント・セブン」、


どんな映画で公開は始まっている海外では
どんな評価なのでしょうか?

まとめてみました。


Sponsored Link



荒野の西部劇が痛快!と評判「マグニフィセント・セブン」はどんな映画?



マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ4

荒野の西部劇が痛快!
と評判「マグニフィセント・セブン」ですが、
一体どんな映画なのか?

少しだけあらすじをネタバレしちゃいます。

ローズ・クリークの町は、
正直寂れてしまったいた。

その理由は、
暴れん坊であるバーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られていてしまっているからだ。


その状況をなんとか打破しようと、
町の青年であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、
腕に自信のある7人を雇い、バーソロミューを倒す決意をする。


その七人とは、
賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、
ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)ら
アウトローな奴たちを雇う。

始めは、ただ任務を遂行するために、
ただ忠実にバーソロミューを倒すことだけを考えているのだが、
徐々に町の人々と接していったアウトロー7人は…。


黒澤明監督の不朽の名作時代劇「七人の侍」と、
同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えて
ハリウッドリメイクした「荒野の七人」という映画史に残る、
2つの名作を原案に描いた痛快西部劇です。


Sponsored Link



ゴールデンコンビ再び!豪華なキャスト陣は?監督は?



マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ1

とにかくキャストが豪華なのです。

主演のデンゼル・ワシントンに加え、
「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラット
「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークなど、


名だたるハリウッド勢に加えて、
近年ハリウッドに進出した韓流スター、イ・ビョンポンと、
日本でもおなじみななキャストが集結しました。


また、監督は、「トレーニング デイ」「イコライザー」と
過去にもデンゼル・ワシントンとタッグを組み、
名作を作り上げてきたアントワン・フークアが今作でも監督を務めます。


国際賞レースで早くも話題騒然!米アカデミー賞最有力?



マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ3

2017年米アカデミー賞の前哨戦としても有名な、
カナダ・トロント国際映画界では、
オープニング作品として本作のワールドプレミア上映を実施、

ヴェネツィア国際映画祭ではクロージング作品に選ばれ、
世界各地の映画祭でも話題となっている「マグニフィセント・セブン」


早くも来年2月開催予定の米アカデミー賞最有力とまで言われています。


そのような話題性を受け、
9月下旬には、全米3674館で公開。

わずか週末3日間(9月23日?25日)の
興行収入約35億2800万円(35,000,000ドル)を記録し、
見事なスタートダッシュ、全米初登場1位を記録しています。




『マグニフィセント・セブン』の海外での反応は?アメリカ人の感想・評判まとめ!



マグニフィセント・セブン(映画)って面白い?海外の反応や感想まとめ荒野の七人

アメリカの口コミ評価で、
意外に多いのが、ストーリーでもなくキャストでもなく音楽!



西部劇らしい壮大な音楽で、
音楽によって興奮が倍増したという驚きかつ喜びの声が多いです。


また、水戸黄門的な勧善懲悪ストーリーは、
日本人だからこそ好きなものかと思いきや、

アメリカ人も
「弱気を助け強気を挫くという勧善懲悪なストーリーが爽快!熱狂するほどだった」
と絶賛、

やはりスカッとストーリーは万国共通みたいですね。


キャストも、アカデミー俳優である
デンゼル・ワシントンの凄さは周知の事実として、

悪役リーダーのバーソロミュー役のピーター・サースガードへの高評価が集まっています。
相当、憎々しく見えると、
悪役にとっては最高の誉め言葉です。


海外でも、日本の「七人の侍」の知名度は凄いようで、
アメリカ以外では、まだ日本同様鑑賞前ということもあり、
「アメリカ人よ、「七人の侍」を汚すなよ」なんて口コミも。

ただ、レビューなどを見る限り、
かなり面白く作られているみたいで、
来年1月の日本公開が楽しみですね。


Sponsored Link

 - 映画